年末のご挨拶

イルミネーションが各地で灯される中、

また、悲しいニュースが飛び込んできました。

ミュージカル女優として第一線で活躍し、

輝いていた神田沙也加さんの訃報。

想送庵カノンは、24時間・何日でも故人様の傍にいられる

都内唯一のご遺体安置施設ということから、

10代~40代の若い方々の ご安置の利用がとても多いのです。


特にこの1年は、なんだかとても多かったのです。

その中には、癌で闘病した方、

生まれながらに病気を抱え懸命に生きた方、

悲しい事故に遭われた方、

そして一番多いのが 様々な葛藤の中必死に生きて、

それでもなお自ら死を選んだ方。

20代30代の死因の第1位が「自死」であることが、

もう20年以上続いていることを実感させられます。


安置中は、ご両親様、ご兄弟様が片時も離れずに付き添われます。

お部屋から漏れ聞こえてくる慟哭を耳にするたびに、

癒えることのないご遺族の悲しみと苦しみを想い、

カノンのスタッフは、只々祈ります。

「どうか、今晩は少しでも眠れますように」と。

お見送りさせて頂いた全ての方々の御霊が安らかでありますように、

ご遺族に少しでも楽になれる時が訪れますようにと、

祈り続けた1年でした。


今年1年、想送庵カノンを支えて下さいました皆様、心からの感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました。

来年も 心新たに 祈って参ります。


年末年始も想送庵カノンは、24時間 故人さまをお受入れさせて頂きます。


あなたを忘れない株式会社

想送庵カノン  代表取締役社長 三村 麻子